姓名判断で運勢を呼び込める素敵な名前を贈りましょう

 
  • 盾を抱えている女性
 
 
日光を浴びる女性

それぞれの運勢について

姓名判断の占いにおける総運や人運、外運、地運についての意味を説明しておきます。姓名判断は赤ちゃんだけでなく、自分でやってみると新たな発見があるかもしれないのでオススメです。

ネックレス

占いの種類

占いには姓名判断だけでなく様々な種類があります。占い師に直接占ってもらうものもあればネットだけで完結する占いもあります。それぞれに特徴があるので自分にあった占いを選ぶと良いでしょう。

ろうそくと本

記事一覧

「姓名判断で運勢を呼び込める素敵な名前を贈りましょう」の記事一覧です。
 

姓名の画数で占う

たくさんのサイコロ

ネットで夢診断をするなら無料で使いやすいサイトで使い方を知りましょう。

今や占いの種類はたくさんあり、テレビなどで話題になっていることから注目を集めています。
その中でも姓名判断は馴染みもありよく使われています。

赤ちゃんが産まれて、いざ名前をつけようとする時にご両親は必ずといっていいほどに画数を気にします。
まだ姓名判断の歴史は80年ほどと浅いのですが、“我が子には良い運命であってほしい”と願って画数を選ぶのだと思います。

その影響もあり、画数を使用した姓名判断は占いを受ける側としても親しみが深いために、選びやすい占いなのだと思います。

画数は特に音にも影響し、その人の人格を形成すると言われています。
例えば、「い」「え」は鋭い音なので強く、「あ」「う」「お」は柔らかい音なので優しい性格になると言われています。

色々な説がある故に赤ちゃんの名付けは画数を元に両親は色々悩まれるんですね!

姓名判断の始まりは中国で、日本へは比較的新しいです。木、火、土、水、金の5行説と、数字の陰陽説の両方を用いて占いでは使用していきます。

姓名判断では姓名と画数を掛け合わせていきます。
総画数が総運、名字の下1文字と名前の上1文字の画数が人運、名字と名前の外側の画数が外運、人運と名前の画数の和が伏運、名前の画数が地運、名字の画数が天運、偶数と奇数の字の割合が陰陽と区別されています。

このように名前1つでこんなにも過去、現在、未来を左右する運勢が分かってしまう+その人の性格も決めてしまうと言い伝えられきたので赤ちゃんの名付けは慎重になるわけです。
赤ちゃんの名付けに悩んでる方も姓名判断で候補を当てはめて占ってもらうのも良いかもしれません。

 

Copyright(c) 2017 姓名判断で運勢を呼び込める素敵な名前を贈りましょう